「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨をトレードして儲けを上げる商取引です。仕事 辞めたい アフィリエイト

値段は1日中変動しています。

これが為替レートです。

テレビを見ているとドルやユーロの情報が流れるケースがあります。

よく見かけるのが、「現在の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを示しています。

すなわち、FXには買値と売値の値段があるという事です。

売値のことをBID、買値のことをASKと示しているFX会社も存在しています。

平常時には買値よりも売値のほうが安い価格に決められています。

買値は高く、売値は安くなります。

その差分をスプレッドといいFX業者の稼ぎとされています。

スプレッドの狭さは会社によって違います。

スプレッドの広さは自分にとって出費になるので、小さい取引会社をセレクトするほうが得します。

ただし、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの幅は変動します。

例として日常的には円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドであっても相場の上下動がかなり大きいときには1銭よりも広くなったりする状況があります。

という訳で、スプレッド幅が狭いのと同時に変化しない事が肝心です。

決まったスプレッドの幅を表示するFX会社もいくつもあったりします。

現実にFX会社の注文画面上で現実の為替相場をチェックしなければ区別できないのですが重要な事です。

多額の財産を投入してトレードをするのですから、実際のトレードの前に、興味があるFX業者の新しい口座開設をいくつもして、示されているスプレッドをチェックしましょう。

同じ通貨の組合せその場面での市場の条件によって、外貨のスプレッド幅は異なる場合があります。

普通は、インターバンクマーケットで売買高が多い通貨ペアではスプレッドの幅が小さくその他の通貨ではスプレッドが広くなるのが一般的です。

Copyright © 2002 www.revistasurco.org All Rights Reserved.